画像
ユニッククレーンの検査とメンテナンス

  • HOME
  • 車検
  • ユニッククレーンの検査とメンテナンス

title

年次点検

年次点検

 年次点検

安心して作業する為に年次点検が必要です
吊り上げ能力0.5トン以上3.0トン未満の移動式クレーンは、法令(クレーン等安全規則第76条)により、設置後1年以内に1回定期的に自主検査を行い、その記録を3年間保存することが事業者に義務付けられております。 (違反した場合は50万円以下の罰金が科せられます。)

点検検査を受けていない車両が沢山あります。大きな事故を招かない為にも年に一度は必ずクレーンも必ず検査を受けましょう。

クレーンの修理

 クレーンの修理

特に多いのがオイル漏れの修理です
あと 急に動かなくなったなど 各センサーが反応して使用できないように制御します。
ワイヤー交換は、 錆びていたり 細くなってきたり いつ切れるかわからないので大変危険なものもあります。定期的に確認しましょう

クレーンブームの曲がりや折れ修理

 クレーンブームの曲がりや折れ修理

オーバーロードによることがほとんどです。
特に重量物を手前から遠くにブームを伸ばす時が危険です。
あと、ブームを上げたままで走行しどこかに接触して曲がるものも時々あります。
ブームは、しっかり収納し定位置で走行しましょう。

クレーンの塗装

 クレーンの塗装

年数が経つと色あせし見た目が悪くなってきます。そうなると使用するオペレーターも雑な取り扱いになりがちです。クレーンも長持ちさせる為に 塗装してリフレッシュすると見た目がよくなり オペテーターも丁寧に使用するため事故も無く安心して使えます。

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!